まつげパーマをすると仕事もはかどる理由

 

大人の女性のためのマツエク・まつ毛パーマ
名護市宇茂佐のサロン・ド・コアです。

 

まつげパーマは、
まつげを根元からカールさせる
人気の施術です。

 

ビューラーで
まつげをカールするよりも
より自然で持続的なカールを
実現することができます!

 

長年の経験から
仕事でまつげパーマをすると、
以下のようなメリットがあります。

 

 

メイク時間を短縮できる

 

まつげパーマをすると、
毎朝ビューラーでまつげをカールする
必要がなくなるため、
メイク時間が短縮できます。

 

 

特に、
目元のメイクに
時間をかけたくない人や

 

忙しい朝に
メイクを済ませたい人にとっては
大きなメリットです。

 

お寝坊さんには
朗報ですよね♪

 

 

まつげへのダメージが少ない

 

ビューラーでまつげをカールすると、
まつげが折れたり、
切れたりする可能性があります。

 

まつげパーマなら、
ビューラーを使う必要がないため、
まつげへのダメージを軽減できます。

 

 

目元の印象がアップする

 

まつげがカールしていると、
目元が大きく見えたり、
印象が明るくなったりします。

 

 

 

仕事で好印象を与えたい人や、
目元をぱっちり見せたい人にも
おすすめです。

 

逆さまつげや下向きまつげの矯正ができる

 

他にも
まつげパーマは、
まつげの根元からカールをつけるため、
逆さまつげや下向きまつげの
矯正にも効果的です。

 

逆さまつげや下向きまつげがあると、
目が小さく見えたり、
目元の印象が暗くなったり
することがあります。

 

仕事をしているとこれらの事って
気になりますよね?

 

まつげパーマをかけることで、
これらの悩みを解消することができます!

 

 

湿度や汗に強い

 

ビューラーで
まつげをカールすると、
湿度や汗でカールが
取れやすくなります。

 

 

まつげパーマなら、
湿度や汗に強いため、
カールが取れにくく、
きれいな状態を
長く保つことができます。

 

仕事をしていると
急な雨や湿気に出会う事も
ありますがまつげパーマなら
安心です。

 

 

まとめ

まつげパーマは働く女性には
本当におすすめできる施術です。

ぜひ、一度試してほしいなぁ。

 

 

****************************

《お知らせ》

ご予約の変更やキャンセルは前日までにお済ませ下さい。お客様の入れ替え時間等に余裕をもって予約をお取りしております。ご協力宜しくお願いします。

*****************************

 

 

ベル 店頭でのカード決済が出来るようになりました! ベル

■サロン・ド・コアの場所■

名護市宇茂佐1585-6  2階

 

お電話は:0980-43-0168
*スマホはクリックしたら電話をかけられます♪

クラッカー サロン・ド・コアの公式LINE@始めました!

お得情報やお役立ち情報を発信していきます。ぜひご登録下さい♪

友だち追加

 

 

 

 

女性ホルモンバランスの変化がもたらす30代女性の身体のトラブル

 

大人の女性のためのマツエク・まつ毛パーマ
名護市宇茂佐のサロン・ド・コアです。

 

30代にさしかかると、女性ホルモンのバランスが変化しはじめ、さまざまな身体の変化やトラブルが生じてきます。

 

今まで気にならなかった症状が強くなったり、新たな症状が現れたりすることがあります。

 

30代女性に多い代表的な身体のトラブルを紹介します。

 

月経不順やPMSが増える

 

30代に入ると、月経周期が不規則になったり、PMSの症状が強くなる人が増えてきます。

 

 

ホルモンバランスの変動に敏感に反応する人もいます。疲れやすさ、イライラ感、胸の痛みや張り、頭痛、吐き気などの自律神経失調気味な症状が出がちです。

 

ただ、30代は会社や家庭でも働きざかりです。ホルモンバランスの変化ではなく「疲れ」と錯覚して対処を誤ると症状が悪化しますので注意が必要です。

 

特に悩みの深いPMSの症状を緩和するためには、以下の方法があります。

 

・バランスの良い食事を心がける

食事のバランスが悪いと、食欲が極度に増したり、むくみ、頭痛、腰痛などを引き起こす原因となります。アルコール・カフェイン・塩分の摂取を控えると良いでしょう。

・適度な運動を心がける

有酸素運動は、PMSの症状を和らげるといわれています。1回20分から1時間、週3回程度の運動が効果的です。

・医薬品を服用する

市販の鎮痛薬や吐き気止めなどで対処することもできます。市販薬を服用しても症状が改善しない場合、また症状が毎月続く場合は医師の診療を受けるのも選択肢の一つです。

・セルフケアを行う

睡眠時間を7時間以上は確保すること、ストレスをなるべく減らし、規則的に運動する。塩分やアルコールを避け、利尿作用のある食事を摂る

 

 

更年期障害の前兆

 

30代後半から更年期に向けて、ホルモンの量が徐々に低下していきます。

 

その結果、不定愁訴、慢性的な疲労感やイライラ感、夜汗などの症状が現れる人がいます。

 

 

これらは更年期障害の前兆としてとらえることができます。

 

不定愁訴や慢性的な疲労感、イライラ感を解消するためには、自律神経を整えることが大切です。

 

自律神経の乱れを引き起こす要因としては、ホルモンバランスもそうですが、ストレス、不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなども原因に挙げられます。

 

自律神経を整えるためには、以下のような生活習慣を心がけると良いです。

 

●7〜8時間の睡眠時間を確保する
●軽めの運動を毎日行う
●1日3食、バランスのよい食事をとる
●体を温めてリラックスする

 

症状が改善しない場合は、主治医に相談の上、処方薬やサプリメントを使用する必要もあります。

 

 

 

筋肉量と骨密度の低下

 

30代は筋力と骨密度がピークを迎えますが、この時期から女性ホルモンの変化によって筋肉量の低下や骨粗しょう症が進行し始めます。

 

運動不足が続くとさらに進行する恐れがあります。継続的な筋トレは難しいとしても、ウォーキングなどの40分~60分前後の有酸素運動も有効です。

 

 

目の老化現象

 

30代後半から近視の進行が止まったり、硝子体浮遊物ができたりする人が増えます。

 

老眼の症状が出て調節力が低下し、ドライアイや疲れ目、頭痛を訴える人もいます。

 

アントシアニンを含む食物を意識して多く食べ、PCやスマホを見る時間を制限する事でさらなる悪化を止められます。

 

シミやたるみなどの肌老化

肌のコラーゲンやエラスチンの減少に伴い、小じわやシミが目立ちはじめます。

 

顔や体の筋肉のたるみや弾力性低下も進行し始め、肌の老化現象が顕著になってきます。

 

美容の立場から言えるのはシミやたるみは諦めないでほしい!という事です。

 

毎日のケアで食い止められるからです。

 

お客様の中には年齢を疑うほど若々しい肌の方が多くいらっしゃいます。

 

そのような方は毎日、努力してケアしています。継続が大事なんです!

 

 

まとめ

 

このように30代女性の身体は、女性ホルモンの変化に大きな影響を受けます。

 

円滑にこの移行期を乗り切っていくことが大切です。食生活の見直しや運動習慣づくり、休養の確保を心がけましょう。

 

そして、こんな時こそ、まつげパーマやアイブロウスタイリング、フェイシャル脱毛は若々しさに大きく影響を与えるものです。

 

ぜひ、お試し下さい。毎日が楽しくなりますよ!!

 

****************************

《お知らせ》

ご予約の変更やキャンセルは前日までにお済ませ下さい。お客様の入れ替え時間等に余裕をもって予約をお取りしております。ご協力宜しくお願いします。

*****************************

 

 

ベル 店頭でのカード決済が出来るようになりました! ベル

■サロン・ド・コアの場所■

名護市宇茂佐1585-6  2階

 

お電話は:0980-43-0168
*スマホはクリックしたら電話をかけられます♪

クラッカー サロン・ド・コアの公式LINE@始めました!

お得情報やお役立ち情報を発信していきます。ぜひご登録下さい♪

友だち追加